国際結婚の手続き紹介サイト「visa!国際結婚」

国際結婚の流れ1

結婚をするためにはまず婚活をしてこの人!!と決めた人と結婚する。婚活の末めでたく結婚するとなった場合は「婚姻手続き」をしなくてはいけません。この婚姻手続きは日本で言う「婚姻届の提出」のことで、手続きは日本だけでなく、双方の国で手続きをすることになります。大まかな流れは以下の2通りです。婚活の際は手続きの事をあらかじめ考えておくといいかもしれませんね。
  • 1:日本の手続きし、その後、配偶者の国の手続きを行う
  • 2:配偶者の国の手続きをし、その後、日本の手続きを行う
基本的には上記2種のどちらの方法でも可能ですが、国によってはこの順番が重要になることもあるので注意しましょう。 手続きの順番に不備がないよう、事前に各国の大使館に確認しておけばベストです。一般的には在日大使館や領事館に届けを出すことで、 その大使館・領事館の国の手続きを行うことができます。

在留資格証明書の取得

外国の方と結婚して一緒に日本で生活を送るためには、配偶者が日本に入国して生活するための資格である「在留資格証明書」を取得しなくてはいけません。この在留資格には様々な種類がありますが、「日本人の配偶者等」という在留資格があるのでこれを申請します。ただし、書類を揃えて申請したとしても確実に資格が取れるとは限りません。入管法上の要件を立証しない限りは在留資格は得られないという規則があるからです。国際結婚の手続きにおいてはここが一番のヤマ場と言えるでしょう。

入国後の外国人登録

在留資格証明書を無事取得したら配偶者にこれを郵送しましょう。これで配偶者は日本において生活を送ることができます。配偶者がビザを取得して来日したら、日本における住民として登録するため「外国人登録」を行います。この手続きにより「外国人登録証明書」が発行され、「登録原票記載事項証明書」などを得ることができるようになります。この登録原票記載事項証明書は住民票のような役割を持っているので、紛失しないようにしましょう。

国籍について

仮に日本人が外国人と結婚しても日本人が日本国籍を失うわけではないので国籍はそのままです。外国の方も同様に日本人と結婚しても基本的には国籍は元のままです。ただし、中国諸島などの一部の国によっては例外があります。相手側の国の規定によって相手国籍を取得できる場合もあります。 しかし注意してほしいのは、日本は二重国籍を認めていないので、日本人が相手国の国籍を得た場合持っている日本国籍は放棄しなくてはいけません。外国人配偶者が日本国籍を取得するための方法には「帰化申請」があります。