国際結婚の手続き紹介サイト「visa!国際結婚」

国際結婚の成立条件1

「結婚」とは法的に認められた行為です。したがって、国際結婚を成立させるためには法律で決められた「結婚成立の条件」を満たしているかどうかを確認することになります。「結婚成立の条件」とは、「男性であれば18才以上、女性であれば16才以上でなければ 結婚できない。」といったものや、「未成年者の結婚については父親、もしくは母親の同意が必要」などの法律上結婚できるのかどうかを定めた条件のことになります。この決まりを「婚姻の要件」、あるいは婚姻のための実質的要件ともいいます。日本人同士で結婚する場合、日本の法律がどうなっているかを確認するだけで事は済みますが、日本人と外国人の結婚の場合はパートナーの本籍が置かれている国の法律も絡んでくるので、実際のところ手続きや書類が複雑になってきます。代表的な例を挙げると、日本において結婚が許されているで年齢は、男性が18才以上で女性は16才以上と法律で定められていますが、これはあくまでも日本国内において有効のルールであり、他の国々では結婚できる年齢はそれぞれ違います。国際結婚を行うには、まずお互いが結婚の要件をクリアーしているかどうかを確認する必要があるのです。

日本国と相手国の法律の関係

国際結婚の場合、日本人と外国人婚約者はどちらの国の法律に従えばよいかをご紹介します。 日本人には日本法が適用されるので、日本法の定める「結婚の条件」を満たしていなければなりません。外国人婚約者にも同様に、国籍が置かれている本国の法律が適用されることになります。したがって、双方の国それぞれが定める結婚条件を満たしていなければなりません。 日本人が日本法の定める結婚の要件を満たし、それでいて外国人婚約者がその本国法の定める結婚の条件を満たしているのであれば、日本人と外国人婚約者は法的に結婚することが認められています。

Valuable information

2017/5/18 更新